乗り物

おすすめ免許取得方法

2つの免許取得方法

教習所

普通自動車や自動二輪車の免許を取得する際に比較されるのが、通い(通学)により取得する方法と、合宿免許です。通い制では時間的な融通が利くことがメリットになりますが、合宿免許に比べて料金は高くなります。合宿免許ではまとまった時間が必要である一方、格段に安い金額で免許を取得できます。仕事をしながら免許をとる社会人の方はともかく、今では高校3年生、大学生になると普通自動車免許を取得するのが一般的ですから、時間に余裕のある学生は合宿免許一択になっていくのではないでしょうか。合宿免許のメリットに、取得時間の短さも挙げられます。通学では忙しさにかまけて教習所からだんだん足が遠のいてしまう心配がありますが、合宿免許ではあり得ません。入校さえすればこっちのもの、わき目もふらず講義をこなしていくだけで、最短時間で免許取得が可能です。なお合宿の場合、一人では通いづらいのではという声も聞かれますが、心配はありません。筆者も一人で合宿免許に参加しましたが、同時期に入校した生徒はほとんどが一人での参加であり、皆と仲良くなることが出来ました。個人主義のこれからの時代、一人参加者も増えてくるものと思われます。

人気の秘訣

前段にもあるように、合宿免許が人気となる理由はその料金と、取得時間だと思います。料金については教習所にもよりますが、一般的に通学では30万〜、合宿では20万〜と言われます。免許が取れさえすれば良いのですから、休みがあるなら安い方法で取るにこしたことはないですね。浮いた金額で車の頭金に充てたり、自動二輪ではヘルメット等の購入代金とする人もいるようです。取得時間については言わずもがな。特に一人で通学する場合など、強制的なタイムリミットがない場合はついつい教習所の予定を後回しにしてしまうものです。私の周りでも、一人で教習所に申し込み、通うのを忘れ、めでたく教習期限を迎えてしまう人も何人か見かけました。合宿免許では強制的に仕込まれますので、時間さえ経てば自動で免許が取得できるようなものです。これだけのメリットがあれば、一人で参加する(最初の)恥ずかしさも目をつむれるのでは。